基本情報・ショップ情報を設定する

基本情報を設定する

基本情報管理の設定を確認しましょう。

ショップ情報を設定する

item Robotから楽天に商品をアップロード(反映)させる場合に必要なショップ情報の設定をします。

  • 1設定画面を開く左ナビの「基本管理>基本情報管理」をクリックします。
  • 2管理者メールアドレス",(カンマ)"区切りで複数の宛先を登録することができます。

    例)item@hunglead.com,sales@hunlgead.com

  • 3消費税税込 か 税別 を選択
  • 4倉庫指定販売中:即時公開でアップロードされます。
    倉 庫:倉庫に入った状態でアップロードされます。
  • 5在庫数アップロードアップロード時に、在庫数を更新したい場合は[在庫数もアップする]にチェックしてください
  • 6無制限在庫数(楽天で「在庫設定しない」商品をお持ちの場合)
    item Robotのメインデータにある在庫設定の無制限にチェックが入っている場合に利用します。
    ここで入力した数が楽天では在庫数として反映されます。
  • 7JAN自動登録楽天とAmazon.co.jpに出店されている店鋪様用の機能です。
  • 8楽天defaultフォルダ設定初期値「アップロードしない」
    楽天CSVインポートでdefaultフォルダに取り込まれた画像をアップロードするかしないかを選択することができます。
  • 9楽天GOLD画像設定初期値「専用フォルダの利用」
    楽天CSVインポート時に楽天GOLDの画像保存先をR-Cabinetを利用するか、専用フォルダを利用するかの選択ができます。
  • 10「確認する」をクリックします。
  •  
  • 1左ナビの「基本管理>ショップ情報管理」をクリックします。
  • 2FTPユーザ名(*1)とFTPパスワード(*2)を入力します。
    • *1 FTPユーザ名が店鋪URLと異なる場合入力して下さい。
    • *2 楽天市場で付与されたパスワードをご入力ください。

    楽天市場RMSにてパスワードを変更した場合は、この画面の「2.パスワード」も必ず変更して下さい。


    1店舗設定 R-Storefront > 1-1商品登録・更新 > FTPサーバ用パスワード変更

  • 3表示用ショップ名任意で表示ショップ名を設定することが出来ます。設定をすると、商品登録・編集画面のメインデータの隣にあるタブに表示されます。
  • 4テンプレートパターン初期値商品レイアウト設定のテンプレートA〜Gを選択します。RMSマニュアルはこちら
  • 5あす楽利用している場合はチェックを入れます。
  • 6在庫あり時納期管理番号初期値RMSの納期情報の登録時に作成された納期管理番号を入力します。


    1-4 基本情報設定 > 納期情報設定

  • 7在庫切れ時納期管理番号初期値7.在庫切れ時の注文受付を「受け付ける」にしている場合は納期管理番号を入力します。
  • 8在庫切れ時の注文受付「受け付けない」「受け付ける」にチェックを入れます。
  • 9item-cat.csvの形式楽天のご契約プランがメガショッププランでカテゴリセットを使われている場合は、「カテゴリセットを使用」にチェック入れます。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報