『楽天の他のモールにも商品を展開したいけど、どうしたらいいのか分からない!』
『多店舗展開してるんだけど、商品の登録が追い付いてない!』
item Robotを利用して楽天店舗で展開している商品情報を、Yahoo!店舗に登録する方法を流れでご案内します。
※楽天⇒Yahoo!以外の場合でも基本的な流れは同じとなります。

目次
1.item Robotの初期設定
2.楽天の店舗設定、Yahoo!の店舗を追加
3.楽天の商品をitem Robotに登録
4.楽天の商品をYahoo!に上げる際の注意事項
5.item RobotからYahoo!にアップロード
6.アップロード履歴を確認する

1.item Robotの初期設定
まずは、item Robotの初期設定として、基本情報管理の設定を行ってください。

http://manual.item-robot.com/07/01_01.html  
2.楽天の店舗設定、Yahoo!の店舗を追加
次に、楽天店舗のFTP情報の入力と、Yahoo!の店舗を新たにitem Robotに追加します。
※店舗の追加に料金は発生しません。

■ショップを追加する
http://manual.item-robot.com/07/02_13.html

■楽天のショップ情報について
http://manual.item-robot.com/07/02_01.html

■Yahoo!のショップ情報について
http://manual.item-robot.com/07/02_02.html

Yahoo!はFTPでの連携ではなく、APIでの連携をオススメしております。
下記の注意事項をご確認の上、設定しても問題なさそうであれば、APIの設定をしてください。

■Yahoo!API(リフレッシュトークン)ご利用時注意事項
http://manual.item-robot.com/08/14_04.html
3.楽天の商品をitem Robotに登録
店舗情報の登録・追加ができたら、いよいよitem Robotに商品情報を取り込みます。
オススメは楽天商品マスター自動インポートの機能を使うことです。
ボタン1つで全ての商品情報を取り込むことができます。

取り込む前に販売中の商品のみか、全ての商品を取り込むかの選択が可能です。
基本設定で設定した税率以外の消費税を設定する商品が多い場合や、軽減税率対象商品を一度に設定する際にご利用ください。

■楽天商品マスター自動インポート
http://manual.item-robot.com/04/04_11.html

全商品ではなく、一部商品をピックアップしてitem Robotに取り込みたい場合は、通常の楽天CSVインポートをご利用ください。

■楽天CSVインポート
http://manual.item-robot.com/04/04_01.html
4.楽天の商品をYahoo!に上げる際の注意事項
item Robotに商品を取り込んだら、次はYahoo!にアップロードを行います。
ですが、楽天とYahoo!とでは仕様が色々と異なるため、エラーとなりやすい項目、想定と違う結果となる項目があります。
あらかじめ注意事項をご確認ください。

■楽天⇒Yahoo商品登録注意事項
http://manual.item-robot.com/08/14_02.html

また、既に同じ商品コードの商品がYahoo!に登録されている場合、
item Robotからアップロードする楽天の商品情報で上書きをしてしまいます。
それを防ぐために、Yahoo!の商品情報をショップタブへインポートすることをオススメします。

■ショップタブへのCSVインポート
http://manual.item-robot.com/04/04_08.html

その他、修正が必要な部分につきましては、item Robotの管理画面上で1つ1つ修正していただくか、
一括編集機能、またはitem Robot形式のCSVを利用して編集してください。
その際はメインデータの情報を直接編集するのではなく、Yahoo!のショップタブを利用して編集していくことをオススメしております。

■item Robotのメインデータとショップタブについて
http://manual.item-robot.com/01/01_01.html

■コピー項目を設定
http://manual.item-robot.com/07/03_08.html

■商品情報を一括で変更する
http://manual.item-robot.com/04/01_02_01.html

■item Robot形式のCSVダウンロード
http://manual.item-robot.com/04/05_03.html

■item Robot形式のCSVインポート
http://manual.item-robot.com/04/04_05.html

■item Robot形式のCSVのデータ定義
http://manual.item-robot.com/12/01_menu.html
5.item RobotからYahoo!にアップロード
商品情報を登録・編集した後は、Yahoo!にアップロードを行います。
※item Robotで編集しただけでは店舗の方にデータは反映されません。

■アップロード方法
http://manual.item-robot.com/startup/01/step_03_02.html
6.アップロード履歴を確認する
商品をアップロードした後、その商品が無事に登録できたかどうかは、基本的にはYahoo!店舗の方でご確認いただくことになります。

ですが、item Robotからアップロードする際にエラーがあった場合やYahoo!のAPIをご利用の場合には、
Yahoo!で出すエラー内容を確認できるため、一度item Robotのアップロード履歴をご確認いただければと思います。

■アップロード履歴について
http://manual.item-robot.com/04/08_01.html

もし、こちらでエラーが確認できた場合は、エラーがあった箇所を修正していただき、再度アップロードを行ってください。
以上で、基本的な流れは終了となります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にサポートまでお問い合わせくださいませ。
※ただし、楽天以外の店舗のサポート(Yahoo!店舗のサポートなど)は、
『多店舗展開サポート』にお申込みいただく必要がございますので、あらかじめご了承ください。

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報