よくある問い合わせ :増税・軽減税率対応関連

店舗の設定は消費税率10%にしています。
軽減税率対象商品は軽減税率フラグにチェックを入れてアップロードしましたが、楽天店舗で8%になっていません。
軽減税率フラグは消費税率とリンクしておりません。必ず、その商品の消費税率は8%でご設定ください。
軽減税率アイコンがつくと一覧で目印がつく以外に何かありますか?
1)Yahoo、Amazon、MakeShopなど軽減税率フラグがあるモール・カートへのアップロード時にそのフラグが有効になります。
2)item Robot上で、軽減税率フラグの設定ありなしで商品検索ができるようになります。
item Robotのメインデータで「消費税率」を入れなかった(空欄だった)場合、基本情報管理で設定している「消費税率」を楽天にアップロードしますか?
アップロードしません。
楽天では商品毎に消費税率を設定できますが、その中に「消費税率を設定しない」という選択肢も存在する為、商品毎にメインデータで「消費税率」を入力した場合にのみ、「消費税率」をアップロードするという仕様になっております。
楽天で商品毎に「消費税率」を設定したい場合は、必ずメインデータの「消費税率」に入力してください。
※MakeShopは楽天とは仕様が異なることから、メインデータの「消費税率」が空欄だった場合には基本情報管理の「消費税率」でアップロードしています。
税込価格で登録しています。
価格最適化エンジンの計算は税率が変わった場合、その%で最適価格を計算してくれますか?
はい、価格最適化エンジンは楽天RMSで登録されている個々の商品に登録されている消費税率、それが登録されていない場合は店舗で設定されている消費税率を元に税込の提案価格を計算いたします。

確認の時間は価格提案日の当日午前4時ごろに楽天RMSに登録されている税率となります。
そのため、10/1の4時以前に税率変更を行うことが難しい場合には、あらかじめ10/1には価格提案を行わないように設定していただくと10%消費税の商品を8%で計算して提案してしまうことを防げます。

事前に価格提案をしないように設定する方法は現在ご利用中の価格最適化モデルの価格変更期間の終了日を2019-9-30に更新してください。

10/1に楽天RMS側で消費税率を更新後は、忘れずに、価格最適化モデルの価格変更期間を終了日を未来の日付に更新してください。
価格最適化エンジンを利用しています。価格更新用CSVを利用することはできますか?
はい、可能です。

ただし、価格更新用CSVで10月1日に販売価格更新を行っても、価格最適化エンジンが連動されている場合は提案価格を更新するタイミング(毎日午前6時ごろ)で販売価格を楽天RMSに更新しにまいります。

もし、価格最適化エンジン対象商品を価格更新用CSVから除外したい場合は、最初の商品検索条件で[価格最適化モデル:設定なし]を追加して検索してください。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報