ショップ別HOW TO : 楽天⇒futureshop商品登録注意事項

概  要

item Robotからfutureshopに初めて商品登録をする際の注意事項をまとめました。

futureshopへアップロードする前に

futureshop登録用CSVの項目を一致させる

各登録用CSVの項目が一致していないとエラーになりますので、item Robotからアップロードしたファイルの項目と、futureshopの項目を合わせるように設定をお願いします。(商品・項目選択肢・バリエーション・商品グループ)

ファイルアップロードの順番(新規登録時)

futureshopに新規商品を登録する場合、カテゴリ・オプション・画像が先に登録されていないとエラーになりますので、商品情報は最後にアップロードします。

futureshopに既に登録されている商品グループ(カテゴリ)の設定

futureshopに存在しているカテゴリがある場合は、item Robotのカテゴリと紐付けの設定をして下さい。
※商品グループ(カテゴリ)登録用ファイル(group.csv)に登録済みの商品グループが含まれているとエラーになるため、設定済みのカテゴリはgroup.csvに出力しません。)

futureshopの商品グループURLコードを設定する

item Robotからfutureshopへアップロードするファイルについて

アップロードする商品登録CSVファイル

  コマースクリエイター無効 コマースクリエイター有効 (futureshop管理画面のアップロード先)
「運用メニュー→商品管理→商品データ一括登録」画面に移動し、下記を参照
商品グループ
(カテゴリ)
group.csv group.csv グループデータ一括登録
ラジオボタン「商品グループ一括登録用ファイルをアップロード 」を選択
新規商品登録 goods_new.csv ccGoods_new.csv 商品データ一括登録
ラジオボタン「商品一括登録用ファイルをアップロード 」を選択
更新商品登録 goods.csv ccGoods.csv
項目選択肢
(オプション)
goodsSelection.csv goodsSelection.csv 商品データ一括登録
ラジオボタン「項目選択肢登録用ファイルアップロード」を選択
バリエーション
(選択肢)
goodsVariation.csv goodsVariation.csv 商品データ一括登録
ラジオボタン「バリエーション登録用ファイルアップロード」を選択
画像リスト goodsImage.csv ccGoodsImage.csv 商品データ一括登録
ラジオボタン「商品画像登録用ファイルアップロード」を選択
商品追加画像登録用ファイル goodsAdditionalImage.csv(注)   商品データ一括登録
ラジオボタン「バリエーション登録用ファイルアップロード」を選択

アップロードする画像ファイル

コマースクリエーター有効

    futureshopのアップロード先(FTPサーバ)
商品画像 product.zip (注)
画像ホスティングオプションなし3枚
画像ホスティングオプションあり20枚
FTPサーバに接続し、/upload/image/ディレクトリにzipをアップロードします。
説明文中の画像 imageフォルダ FTPサーバに接続し、item Robotからダウンロードした「image」フォルダ内の画像をitem Robot「画像URL」で設定した階層フォルダにアップロードします。

コマースクリエーター無効

      futureshop管理画面のアップロード先
商品画像 画像ホスティングオプションなし goodsimage.zip
(注)
※管理画面から一括登録することはできません。
※3枚用のテンプレートの画像が圧縮されています。
futureshop「商品一括登録用FTP」に接続し、「fsimg」フォルダ内にgoodsimage.zipファイルを上書きアップロードします。
アップロード後、zipファイルの属性を「655」に変更してください。
(goodsimage.zipは削除されません。)
画像ホスティングオプションあり fs2cabinet ※管理画面から一括登録することはできません。
※20枚用のテンプレートの画像がfutureshop独自の階層で保存されています。
futureshop「画像ホスティングサーバー用FTP」に接続し、「fs2cabinet」フォルダに上書きアップロードします。
説明文中の画像 imageフォルダ ※管理画面から一括登録することはできません。
futureshop「コンテンツアップロード用FTP」に接続し、item Robotからダウンロードした「image」フォルダ内の画像をitem Robot「画像URL」で設定した階層フォルダにアップロードします。

表示パターンについて

コマースクリエイターが無効の場合のみ設定できます。

基本情報管理>ショップ情報管理のfutureshop「表示パターン初期値」でテンプレートの初期値を設定することができます。 (商品ごとに選択することもできます。)

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報