ショップ別HOW TO : 楽天⇒MakeShop商品登録注意事項

item RobotからMakeShopに初めて商品登録をする際の注意事項をまとめました。

商品登録の通信方法について

商品情報 API
画像 FTP

APIを利用して商品登録を行いますので、アイコンにより反映される項目や内容は左右されません。
選択肢を変更・追加した場合でも同様です。
ただし、楽天APIを利用した商品登録のように、自動的に「アップロード完了」アイコンには変更されませんのでご注意下さい。

MakeShop API未対応項目

MakeShopのAPIが対応していない下記の項目はitem Robotから登録することができません。
複数商品画像登録(商品画像5~9)・オプショングループ 等

店舗内カテゴリの登録について

カテゴリ登録

MakeShopのAPIの仕様により、item Robot上で一番上に選択しているカテゴリ1つしか登録されません。
複数のカテゴリに登録する場合は、MakeShop上で追加してください。

カテゴリー識別コード

カテゴリー識別コードとは、MakeShopでのカテゴリー固有IDのことです。
MakeShop内のカテゴリ識別コードとitem Robot内のカテゴリを予め紐づけすることにより、item Robotに既存カテゴリとして認識させます。(紐づけがない場合は新しいカテゴリと認識し新規登録を行います。)
紐づけには、item Robotに一つずつ登録する方法と、MakeShopのカテゴリCSVを利用する方法があります。

MakeShopのカテゴリー識別コードを設定する

オプションとオプショングループについて

項目名の違い
item Robot 楽天 MakeShop
選択肢 項目選択肢別在庫 オプション
オプション 項目選択肢 オプショングループ

オプション表示形式について

「ショップ情報管理」の「オプション表示形式」で、プルダウン表示・ラジオボタン(表形式)表示を選択することができます。
商品ごとに選択することもできますが、初期値はプルダウン表示です。

オプションの連動について

  • item RobotからMakeShopに「オプション」の新規登録ができません。
  • MakeShopの仕様で「選択肢」と「オプション」を併用して登録することができないため、item Robotは選択肢のみ登録を行います。
  • MakeShopで「オプション」が登録されている商品に対し、「選択肢」「オプション」を設定した状態でitem Robotから更新登録を行うと、MakeShopには「選択肢」のみ登録し「オプション」は削除されますのでご注意下さい。
  • 選択肢がない商品の場合、オプション項目は編集できませんが、他の項目の更新は可能です。(オプションの削除も行われません。)

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報