ショップ情報管理 :MakeShopのショップ情報を確認・変更する

概  要

item RobotからMakeShopへ商品情報をアップロードするために必要な情報を登録・確認・編集する画面になります。

ショップ情報設定

左ナビの基本管理>ショップ情報管理を開きます。

新規にMakeShopを追加する場合は、「ショップ追加」ボタンをクリックし、プルダウンから楽天を選択します。
ショップを追加する・削除する

登録したMakeShopを編集する場合は、「編集」をクリックします。
ショップを追加する・削除する

項目一覧

ショップ基本設定
ショップ名 ショップ名を設定することができます(任意)
空欄の場合、モール・カート+店舗 が登録されます。 例「MakeShop店舗」
同モール・カートが複数ある場合、(数字)店舗 が登録されます。例「MakeShop店舗2」

ショップ名は、他のショップと同一のものを入力できません。
 必ず異なるショップ名をご利用ください。
表示用ショップ名 この項目に登録したショップ名を商品登録・編集画面のショップ別データ内上部にあるタブ名に表示します。(未入力の場合はショップ名を表示します。)
アップロード用設定
ショップID 主管理者IDを入力してください。
パスワード 管理画面のログインパスワードを入力します。
ファイルパス:
MakeShopで画像を登録した際に確認できる画像ファイルの URLを「ショップID」も含め入力してください。
例) https://gigaplus.makeshop.jp/ショップID/
MakeShopショップURL:
ショップのドメインを入力して下さい。

例)http://hunglead.com/
FTPパスワード 「ギガプラス10」などでご利用中のFTPパスワードを登録して下さい。
出力設定
販売価格 入力した価格でアップロードする場合は、「利用する」にチェックを入れます。
PC用商品説明文出力設定 item Robotのメインデータ欄にある「PC用商品説明文」「モバイル用商品説明文」「PC用販売説明文」をそれぞれMakeShopのどの項目に出力するかの設定です。
「PC用メイン商品説明文」「PC用追加商品説明文」「商品カテゴリーページ用商品説明文」の3項目から選択し、それぞれ紐づけの設定をします。
どこにも出力しない場合には、「使用しない」を選択します。
モバイル用商品説明文出力設定
PC用販売説明文出力設定
zaiko Robot 連携設定 (zaiko Robotと連携している場合に表示されます。)
zaiko Robotショップアカウント zaiko Robotの管理者情報記載のショップ(FTP)アカウントを登録します。
その他の設定
有償オプション チェックを入れると、MakeShopタブに有償オプション特有項目が表示され、商品マスターインポート及び商品アップロードの対象項目となります。

会員専用機能:会員専用設定、会員グループ別設定
商品ごとの設定を行わずにアップロードすると、「会員専用設定」が『いいえ』として登録されますのでご注意下さい。
予約販売機能:予約商品、発売日、発売後の設定、出荷予定日、予約商品備考
カタログ注文機能:カタログ注文番号
契約タイプ 初期値は通常版です。

価格.comへの連携をご利用中で、item Robotからアップロードする際に反映させる場合は「価格.com対応版」にチェックを入れます。

MakeShop!タブに価格.com連携用の項目が追加されます。
オプションの表示形式 初期値はプルダウンで表示するです。

「表形式(ラジオボタン)で表示する」「項目ごとに買い物かごを表示する」も選択できます。
また、商品ごとに設定することも可能ですが、商品ごとに設定しない場合は、この画面で設定した値でアップロードされます。
オプション入替設定 初期値は入替無です。

「縦横を入れ替える」にチェックを入れると、MakeShopにアップロードする際に、オプションの縦横を入れ替えてアップロードを行います。
※オプション表示形式で「表形式(ラジオボタン)で表示する」を選択した際に有効です。
スマートフォン用商品説明文出力設定 初期値は出力するです。

「出力しない」にチェックを入れると、スマートフォン用商品説明文はMakeShopへアップロードされません。
空データのアップロード設定 初期値は更新しないです。
更新しない:MakeShopで値が入力されていれば、item Robotの項目が空欄でも、データの削除はされません。
削除する(空で更新する):MakeShopで値が入力されていても、item Robotの項目が空欄の場合はデータを削除します。(空で上書きします。)
※アップロード状況アイコンが更新(U)または、完了(☑)の時にのみ適応される設定となります。新規(N)の時には適応されませんので、ご注意ください。

MakeShop自動マスターインポート
MakeShop自動マスターインポート 利用するを選択するとitem RobotからMakeShopに使用申請メールを送信することができます。
※既に、認証コードが発行されている店舗様はメールを送信する必要はありません。

下記「MakeShopでの登録社名」「MakeShopショップ名」が入力可能になります。
入力後、「使用申請メールを送信」ボタンをクリックします。
MakeShopでの登録社名 ここに入力した登録社名・ショップ名・ショップURLでMakeShopに使用申請メールを送信しますので、MakeShopで登録している情報を入力してください。
MakeShopショップ名
認証コード MakeShopの管理画面で表示されている認証コードを登録します。

認証コードの確認について

認証コードはMakeShopの管理画面 ショップ作成>外部システム連携>商品データ連携設定 で参照できます。

  • ※上記で[申請メールを送信]した店舗様は、メール送信後後、3営業日ほどでMakeShopの管理画面で認証コードを確認できるようになります

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報