futureshop 商品グループURLコード設定 :futureshopの商品グループURLコードを設定する

操作方法

STEP1:『FutureShop2URLコード設定』画面を開く

STEP2:グループURLコードを編集し、futureshopの商品グループCSVを取り込む

  • 左ナビの[カテゴリ管理>FutureShop2URLコード設定]をクリックし、[FutureShop2URLコード設定]を開きます。
  • futureshopにて商品の更新を行うCSVをダウンロードするためには、futureshopに登録されているグループURLコードとitem Robotに登録されているカテゴリを紐づける必要があります。
  • item Robotからfutureshopに新規でカテゴリを登録する場合も紐づけを行ってください。
  • 1グループURLコード現在紐づけされているものはコードが記載されます。
  • 記載が無いところは紐づけがされていませんので、更新されません。
  • 更新したい場合には、2か3のどちらかの方法で紐づけを行ってください。
  • 2編集「編集」にあるアイコンをクリックすると、グループURLコードを編集できる画面へと移ります。
  • 「編集」にあるアイコンをクリックすると、グループURLコードを編集できる画面へと移ります。
  • 3futureshopの商品グループCSVを取り込む「futureshopの商品グループCSVを取り込む」ボタンをクリックすると、futureshopの商品グループCSVをインポート出来る画面へと移ります。
  • 「商品グループCSVの指定」の欄、「ファイル選択」ボタンを押して商品グループCSVを選択し、「インポート開始」ボタンを押します。
  • これでfutureshopの商品グループCSVからグループURLコードが取り込まれ、item Robotのカテゴリ情報との紐づけが完了します。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報