マスタ管理:文字を自動で変換させるルールを作成する

概  要

「変換ルールマスタ」を設定することで、メインデータの情報を対象のショップタブにコピーする時に、文字を自動で変換させるルールを作成することができます。
変換ルールを上手く利用すれば、ショップ別に違う内容を入力をしたい時に入力の手間を省くことができます。

操作方法

変換ルール入力例

Yahooのショップタブにメインデータをコピー、または楽天のCSVをインポートする際にYahooのショップタブにデータをコピーした時、商品コード(楽天URL)に使われている「_」を「-」に置き換える処理の例です。

変換例(変換対象の項目が「カテゴリ」の場合)

カテゴリA(ID:1874)をカテゴリB(ID:1875)に置き換えたい場合の設定例です。

  • 「商品管理>マスタ管理」から「変換ルールマスタ」の設定ボタンをクリックします。
  • 対象となるショップタブ(店舗)を選び、「新規設定登録」をクリックします。
  • 1対象のタブ変換対象となるショップタブが選択できます。
  • 2ルール適用のタイミング設定する変換ルールが適用されるタイミングを指定できます。
    ※楽天CSVインポートの方は、「ショップタブにデータをコピーする」にチェックを入れた場合に適応
  • 3変換対象の項目変換対象となる商品情報の項目を選択できます。
    ※変換できる項目は、メインタブ上のデータのみ
  • 4変換タイプ6つより変換タイプを選択できます。
    ※楽天CSVインポートの方は、「ショップタブにデータをコピーする」にチェックを入れた場合に適応
  • 5word1変換タイプで設定したルールに従って、変換、付け加えが行えます。
    ※変換タイプの設定で下記にした場合、6 word2に文字を入力してください
  • 1登録されている設定ルールを作成すると、変換ルールマスタの一覧に表示されます。
    「編集」ボタンをクリックすると、変換ルールの編集ができます。
  • 2チェックした設定を削除チェックした設定を削除します。
  • 【カテゴリ管理】の『カテゴリ一覧』で「編集する」をクリックします。
  • 「カテゴリID」を確認します。
  • IDを使用し、変換ツールを作成します。
    ※右の画像は、カテゴリA(ID:1874)をカテゴリB(ID:1875)に置き換えたい場合の設定です。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報