2020/1/29
いつも大変お世話になっております。
ハングリード株式会社『item Robot』サポート担当です。

1月30日(木)に下記の新機能追加と仕様変更を実施いたしますのでご確認下さい。

目次
1.Amazon連携を再開します!
2.検索結果一括編集にテンプレート機能を追加します!
3.楽天『全商品ディレクトリID』『タグID』の更新
4.楽天CSVインポート時の商品コード(楽天URL)について

1.Amazon連携を再開します!
長らくご不便をおかけしておりましたが、item RobotとAmazonの連携に必要な「MWS AUTHトークン」の取得が再開されます。

取得方法はマニュアルをご覧いただき、下記で取得していただくようお願いいたします。

 開発者氏名:Hunglead
 開発者ID:4265-7678-4718

操作方法は
AmazonMWS(マーケットプレイスWEBサービス)での item Robot利用設定
をご覧下さい。
2.検索結果一括編集にテンプレート機能を追加します!(ビシネス・プレミアムプランの機能追加です。)
SALE時に毎回同じ処理をするのは手間がかかる!というご要望が多いため、 検索結果一括編集をテンプレート化する機能を追加します。

例)
・メインデータの販売価格を20%引きにして楽天タブにコピー
・商品名に【20%OFF】を追加し楽天タブにコピー
・商品説明文にSALE用のバナーをはる

といった一連の操作をテンプレートとして保存することができます。
定期的に開催するSALEなどでご利用していただきたい機能です。

操作方法は
・一括編集テンプレートを管理する
・全件一括編集テンプレートを利用する
をご覧下さい。

『ビジネスプラン』『プレミアムプラン』のお問い合わせ・プラン変更のご相談は下記で承ります。

TEL / 03-5937-2020
3.楽天『全商品ディレクトリID』『タグID』の更新について
楽天市場において、1月30日(木)『全商品ディレクトリID』『タグID』の更新が行われますので、item Robotも更新に対応いたしました。

タイミングによっては楽天の更新が終了していない可能性がありますが、その場合は、時間をあけて再度アップロードをお願いいたします。

ポイント1
更新が行われた全商品ディレクトリIDを設定されている商品は、item Robotが更新を行います。
店舗様自身で変更する必要はございません。

ポイント2
利用できなくなったタグIDを設定されている商品は、アップロードする際にitem RobotがタグIDを削除したデータでアップロードします。
(item Robotの管理画面から該当のタグIDが削除されるわけではありません。)

商品の更新は正常に行われますが、アップロード履歴に下記のメッセージが表示されます。
  ▼  ▼  ▼
「左記の理由のため、タグIDを取り除きました。(存在しないタグIDが入力されています。(タグID))」

詳細はこちらのマニュアルをご覧下さい。
4.楽天CSVインポート時の商品コード(楽天URL)について/td>
item Robotでは楽天CSVインポート時に、商品コード(楽天URL)の大文字・小文字を別商品として判断していましたが、同商品として扱うことになりました。

例)
 ABC2020
 abc2020
同商品と判断し、インポート履歴にエラー表示されます。

エラーメッセージ
 商品コードが特定できませんでした。
 重複のある商品コード(ABC2020,abc2020)
ご案内は以上です。

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報