2019/04/17
いつも大変お世話になっております。
ハングリード株式会社『item Robot』サポート担当です。

4月17日(水)に下記の新機能追加と仕様変更を実施いたしますのでご確認下さい。

目次
1.Amazonバリエーション自動生成ボタンを設置します。
2.Eストアーで自動生成した枝番号の出力方法を選択できます。
3.iRデータのファイル名が変更されます。

1.Amazonバリエーション自動生成ボタンを設置します。
Amazonカタログに選択肢(バリエーション)を登録する際に必要なバリエーション情報を、自動で生成するボタン(「バリエーション情報自動生成」ボタン)を設置します。
 ※在庫登録>Amazon「詳細項目の確認・編集」画面です。
 
 従来)
 未確定の状態で選択肢の候補が表示されています。

 変更)
 「バリエーション情報自動生成」ボタンをクリックすることで選択肢の候補と紐づけ入力されます。

 詳細は、マニュアルをご覧下さい。
 (マニュアルはリリース後に変更になります。)
2.Eストアーで自動生成した枝番号の出力方法を選択できるようになります。
 Eストアーへアップロードするファイルに
  枝番号を自動生成して出力しない
  枝番号を自動生成して出力する を、選択できるようにします。
 
 基本情報管理>ショップ情報管理(Eストアー)で設定することが可能です。

 従来)
 アップロードするファイルに自動生成した枝番号を出力しています。

 変更)
 ショップ情報管理(Eストアー)の設定で、自動生成した商品枝番号を、出力するか、出力しないを判断します。
3.iRデータのファイル名が変更されます。
 下記iRデータのファイル名が変更されます。
  ・ir-itemsub.csv
  ・ir-selectionsub.csv

 半角スペースがあるショップタイプ名やショップ名は半角アンダーバーに変更します。

 例)
 ir-itemsub_Amazon ホーム(家具・インテリア・キッチン・小型白物家電)_Amazon-H
    ↓
 ir-itemsub_Amazon_ホーム(家具・インテリア・キッチン・小型白物家電)_Amazon-H
ご案内は以上です。

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報