item Robot NEWS 2018年5月9日

【1】MakeShopの商品情報インポートが可能になりました!

MakeShopの商品情報をメインデータとしてインポートすることが可能になりました!

MakeShopの商品情報インポートは、CSVファイルをダウンロードすることなく、ボタンクリックで自動インポートすることができます。

※自動インポートをご利用の場合は、ショップ情報管理で認証コードの登録が必要です。認証コードの登録は下記マニュアルをご参照下さい。
http://manual.item-robot.com/07/02_06.html

【2】MakeShopの対応項目を追加しました!

MakeShopの対応項目が追加されました!
追加された対応項目は以下になります。

  • スマホ商品説明2
  • ポイント
  • 陳列位置
  • 掲載期間の設定
  • 商品割引
  • 割引期間
  • 商品ごとのオプションの表示形式

【3】楽天全商品ディレクトリIDの初期値の設定が可能に!

楽天全商品ディレクトリIDの初期値を設定できるようになりました。

基本管理>ショップ情報管理の楽天市場の「ディレクトリID初期設定」項目に登録することで設定可能です。

楽天市場にディレクトリID初期値で商品登録をし、後から個別に全商品ディレクトリIDを更新する際に便利な機能です!

ご案内は以上となります。
ご意見、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

『item Robot』は、日々成長します。
今後とも『item Robot』を何卒よろしくお願い申し上げます。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報