item Robot NEWS 2017年8月9日

【1】★楽天RMSの商品情報をボタン一つでインポート!

久しぶりにitem Robotにログインしてみると、商品情報が古いままということがありませんか?
そんな時に使っていただきたい機能です。

商品管理>CSVインポート「楽天商品マスター自動インポート」をクリックするとRMSの商品情報を自動的にインポートします。

★注意点★
・「楽天限定プラン」のみの機能です。
・自動インポート後は、30日後にクリック可能になります。
・item.csv、select.csv、item-cat.csvをインポートします。
・全商品をインポートしますので、お時間を要します。
・登録されている商品に上書きしますので、RMSで削除された商品がitem Robotに残っている場合があります。

【2】「楽天スーパーセール一括編集」の仕様変更

1)メーカー希望小売価格を二重価格文言に設定する場合は、「現在の販売価格」から割引いた価格を「セール販売価格」に設定するように変更になりました。

2)セール申請のために販売実績のある価格を設定することが可能になりました。

【3】★楽天カテゴリー(item-cat.csv)のインポート仕様変更

item-cat.csv(楽天カテゴリー)のインポートが上書きで登録されるように仕様変更されました。
これにより、RMSのカテゴリーと同期がとれるようになりました。

※カテゴリーセットをご使用されている場合は、従来通り追加登録です。

【4】★Eストアー用商品登録CSVファイルのヘッダー名を変更

Eストアーに商品登録するCSV(itemlist.csv)のヘッダー名を変更しました。

従来)スマフォ用メイン紹介文
新仕様)スマフォ用メイン紹介文(オプション)

「★」マークの付いている機能改修はお客様からご要望をいただき改修した機能です。

ご案内は以上となります。
ご意見、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

『item Robot』は、日々成長します。
今後とも『item Robot』を何卒よろしくお願い申し上げます。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報